Excelist.net > エクセルの技

記念日からの経過日数を求める方法

【エクセルの技特集】
エクセルを使っていて「困った」ことはありませんか?

このページでは、皆さまの「困った」を一つでも多く解決できるよう、いろいろな使用状況に応じたエクセルの便利な使い方を紹介していきます。

DATEDIF関数を利用して、記念日からの経過日数を求める方法です。


記念日からの経過日数を求める方法


記念日からの経過日数を求める方法


エクセルの関数を使って記念日までの日数をカウントダウンする方法が記念日までの日数を求めるのに対し、本ページでは、記念日からの日数を求める方法を紹介していきます。


DATEDIF関数のページでも触れましたが、書式は「=DATEDIF(開始日, 終了日, 単位)」となり、単位には以下の内容を入力することが出来ます。


Y=満年数
M=満月数
D=満日数
MD=1か月未満の日数
YM=1年未満の月数
YD=1年未満の日数


これらを頭に入れて以下の「記念日からの経過日数を求める表」を作成してみました。D1セル、F1セル、H1セルにはどのような数式が入っているでしょうか。



※A1セルには項目、B1セルには記念日を入力しています。


まず、D1セルの「年」を求める数式は、記念日からの満年数を求めますので、「=DATEDIF(B1,TODAY(),"Y")」となります。


「月」を求める数式は「=DATEDIF(B1,TODAY(),"YM")」、「日」を求める数式は「=DATEDIF(B1,TODAY(),"MD")」と、それぞれ1年未満の月数、日数を求める数式となります。


以上で完成です。


※数式中の「TODAY()」はTODAY関数になります。

↑ PAGE TOP