Excelist.net > エクセルの技

郵便番号変換ウィザードをインストールする方法

【エクセルの技特集】
エクセルを使っていて「困った」ことはありませんか?

このページでは、皆さまの「困った」を一つでも多く解決できるよう、いろいろな使用状況に応じたエクセルの便利な使い方を紹介していきます。

エクセルの「郵便番号変換ウィザード」をインストールすると、住所から郵便番号、または、郵便番号から住所の入力が可能になります。とても便利で快適な機能ですので、ぜひ一度、お試しになってください。

郵便番号変換ウィザードをインストールする方法


郵便番号変換ウィザードをインストールする方法


ウィザード、インストール、という言葉に「難しそう」と思われる方がいらっしゃるかと思いますが、以下の手順に沿って作業して頂ければ、とても簡単に便利なエクセル機能を使用することが出来ます。


1.郵便番号変換の準備として、以下のリンクをクリックして、Microsoftより
「Officeの郵便番号辞書」をダウンロードします。


<Microsoft Office 郵便番号辞書のダウンロード>


2.以下のリンクをクリックして、CodePlexより「郵便番号変換ウィザード」をダウンロードします。


<エクセル2010用郵便番号変換ウィザードのダウンロード>


3.上記2でダウンロードした「zipcode7.xla」を以下へコピーします。



64ビット版のWindowsをご利用の方は、以下の場所へコピーします。
C:\ProgramFiles(x86)\Microsoft Office\Office14\Library


4.エクセルを起動します。


5.「ファイル」タブの「オプション」をクリックします。




6.「Excelのオプション」画面が表示されたら「アドイン」をクリックします。




7.「設定」ボタンをクリックします。




8.「郵便番号変換ウィザード」にチェックし「OK」ボタンをクリックします。



以上で郵便番号変換ウィザードのインストールは完了です。これで、住所から郵便番号、または、郵便番号から住所の入力準備が出来ました!簡単ですね!

この続きとして、以下「このページに関連するページ」に住所から郵便番号、または、郵便番号から住所の入力方法を紹介いたします。

↑ PAGE TOP