Excelist.net > エクセルの技

エクセル関数を利用して勤務時間を計算する方法

エクセルを使用中に「このような状況の時はどのようにエクセルを使ったら良いのだろう。。」と悩んだり、迷ったりすることがあります。

このページではエクセルの使用状況に応じた最適な使い方を紹介していきますので、皆さまのご参考になれば幸いです。

下の表のE2セルには、どのような数式が入力されているでしょうか。

エクセル関数を利用して勤務時間を計算する方法


エクセル関数を利用して勤務時間を計算する方法







どのように答えを出すかイメージ出来ましたか?
それでは、下へスクロールしてみましょう!



E2セルには、「=IF(C2="","",C2-B2-D2)」
が入力されています。



「勤務時間」 = 「退社時刻」 - 「出社時刻」 - 「休憩時間」で求められます。ただし、単純に引いただけでは休日など未入力の日に「00:00」などの結果が表示されてしまうので、「IF(C2="",""」と入力することで「退社時刻が未入力の場合は何も表示しない」という形をとってあります。

↑ PAGE TOP