Excelist.net > エクセルの技

エクセル関数を利用してフリガナを1文字ずつ取り出す

エクセルを使用中に「このような状況の時はどのようにエクセルを使ったら良いのだろう。。」と悩んだり、迷ったりすることがあります。

このページではエクセルの使用状況に応じた最適な使い方を紹介していきますので、皆さまのご参考になれば幸いです。

下の表のB1セルには、どのような数式が入力されているでしょうか。

エクセル関数を利用してフリガナを1文字ずつ取り出す


エクセル関数を利用してフリガナを1文字ずつ取り出す







どのように答えを出すかイメージ出来ましたか?
それでは、下へスクロールしてみましょう!



B1セルには、「=MID(PHONETIC($B$2),COLUMN(A1),1)」
が入力されています。



PHONETIC関数を使用して取り出したフリガナから、MID関数を使用して1文字ずつ取り出します。B1セル以降のセルへは数式のコピーで済むようにCOLUMN関数を入れました。

COLUMN関数は、A列から「1」として数えた列番号を返すエクセル関数のため、「COLUMN(A1)」という形にして右側のフリガナのセルへコピーすることで「1」、「2」と変化させて文字位置の変更に対応させています。

↑ PAGE TOP