Excelist.net > エクセルの技 > エクセルの計算式を消す方法

エクセルの計算式を消す方法

「エクセルの技」のページでは、excelist.net編集部にご連絡を頂いたエクセルに関するいろいろなご質問の中から、エクセルの使用方法で「知っておくと便利な技」に関するご質問について解説していきます。

【ご質問内容】
エクセルファイルを取引先へメールするのですが、掛け算などの計算式のほか、他のエクセルファイルから参照した計算式が入っているため、計算式を消してから送りたいと思っています。エクセルファイルのセルに入力されている計算式を簡単に消す方法はありますでしょうか?

エクセルの「コピー」と「貼り付け」機能を利用するだけで、計算式を消去して結果だけを表示することが可能になります。

エクセルの計算式を消す方法


エクセルの計算式を消す方法



1.以下D2セルへ入力されている数式「=B2*C2」を消しても、「¥4,500」という値は残したままにする手順を紹介していきます。



2.D2セルを選び右クリックでメニューを開き「コピー」を選択します。



3.再びD2セル上で右クリックし「貼り付けのオプション」から「値」をクリックします。



4.以上で数式「=B2*C2」が消え、「¥4,500」という値へ変更することが出来ました。



【参考情報】
数式バーに数式を残した状態(計算できる状態)のまま数式を非表示にしたい場合は以下をご参照ください。
エクセルの数式を非表示にする方法

↑ PAGE TOP