Excelist.net > エクセルの技 > エクセルの関数を使って記念日までの日数をカウントダウンする方法

エクセルの関数を使って記念日までの日数をカウントダウンする方法

「エクセルの技」のページでは、excelist.net編集部にご連絡を頂いたエクセルに関するいろいろなご質問の中から、エクセルの使用方法で「知っておくと便利な技」に関するご質問について解説していきます。

【ご質問内容】
誕生日や結婚記念日など、記念日までの日数をエクセルでカウントダウンしたいです。エクセル関数を使って簡単に出来る方法を教えてください。

エクセルの関数を使って記念日までの日数をカウントダウンする方法


エクセルの関数を使って記念日までの日数をカウントダウンする方法


エクセルの関数を利用して、未来の日付までをカウントダウンして日数を表示する手順は以下になります。

A1セルへカウントダウンの対象となる未来の日付(2020年2月2日)を入力し、B1セルへTODAY関数である「=A1-TODAY()」と入力します。



本データの作成日は2011年9月19日(月)敬老の日のため、2020年2月2日から2011年9月19日までをカウントダウンした日数である3,058(日)が表示されます。

2013/05/02
ユーザー様よりご要望を頂きましたので、Excelダウンロードにカウントダウンファイルを追加しました。

ダウンロードページへはコチラからお進みください。

↑ PAGE TOP