Excelist.net > エクセルの基本 > 数値を金額で表す

数値を金額で表す

【エクセルの基本をマスターしよう】

Excelの数値の前に円記号(¥)を付けていきます。金額を表す場合に便利な機能です。

エクセルに入力したデータは、単純に入力するだけではなく、様々な表現をすることが出来ます。わかりやすい、みやすい、理解しやすい資料の作成を目指して、いろいろとトライしていきましょう。

数値を金額で表す


数値を金額で表す


以下の表に円記号(¥)を付けます。

まず、円記号(¥)を付けたい範囲を指定します。
(今回は5月1日から5日までの売上に円記号(¥)を付けます。



次に、通貨表示形式ボタンExcel(エクセル)の数値を金額で表すをクリックします。

これで、円記号(¥)が表示されました。



↑ PAGE TOP