エクセルのお悩みココで解決!
お役立ち情報が満載!
http://www.excelist.net/
Excelist.net > エクセルの技 > エクセルのエラー
はてなブックマークに追加 エクセルのお役立ち情報満載!

エクセルのエラー

「エクセルの技」のページでは、excelist.net編集部にご連絡を頂いたエクセルに関するいろいろなご質問の中から、エクセルの使用方法で「知っておくと便利な技」に関するご質問について解説していきます。

【ご質問内容】
VLOOKUP関数で、キー項目は同じなのにデータが一致しません。。。

Excelist.net 人気コンテンツ

Googleの機能を利用してExcelist.netの人気コンテンツをご紹介しております。簡単で便利なExcel情報が沢山ありますので是非ご覧ください。
スクロールすることでいろいろなコンテンツを確認することが出来ます。

エクセルのエラー


エクセルのVLOOKUP関数で同じキーをぶつけているのに、結果がFALSEになってしまう場合は、キー値の型が異なる場合に発生します。

数字同士をぶつけても、片方が「数値型」、もう片方が「文字型」の場合は、見た目が同じ数値であっても、別のものと判断されます。そのような場合は、以下の手順で回避することが出来ます。

1.B2セルには「=VLOOKUP(B1,A5:E14,4,FALSE)」と入力されているので、B1セルに入力された値(製品番号)に該当する製品の保管倉庫の値がB2セルへ表示される。

現在は、B1セル、A5~A14セルの値が共に「数値型」なので、B2セルには問題なく「中部」と製品番号「28000」に該当する保管倉庫が表示されている。



2.もし、この表のB1セルが「文字型」だったとすると…

B1セル、A5セル共に「28000」と同一の数値が入っているのに#N/Aエラーが表示されてしまいます。



3.このような場合は、「文字型」であるB1セルへ「1」をかけるセルを作成し、そのセルをVLOOKUP関数でぶつけることで該当する値を求めることが出来ます。

4.D1セルへ「=B1*1」と入力します。



5.D2セルへ、D1セルの値を検索値としたVLOOKUP関数を入力すると、D1セルとA5~A14セルの値が「数値型」で一致して結果を求めることが出来ます。


関連性の高いページ

VLOOKUP関数を使ったら、#N/Aエラーが出てしまいます(泣)

ExcelのVLOOKUP関数で明らかに同じ検索値で計算しているのにヒットしません。

エクセルを使いこなそう!Excelist.net
関連性の高いページが検出されない場合はトップページを掲載しております。

このページを見た人は以下のページもチェックしています

エクセルテンプレートの無料ダウンロード
エクセルの技(TIPS集)
エクセル関数辞典

↑ PAGE TOP