エクセルのお悩みココで解決!
お役立ち情報が満載!
http://www.excelist.net/
Excelist.net > エクセルの基本 > 相対参照と絶対参照を理解する
はてなブックマークに追加 エクセルのお役立ち情報満載!

相対参照と絶対参照を理解する

【エクセルの基本をマスターしよう】

Excelの相対参照と絶対参照を組み合わせた形式を「複合参照」といいます。この形式も良く使いますので覚えておきましょう!

エクセルに入力したデータは、単純に入力するだけではなく、様々な表現をすることが出来ます。わかりやすい、みやすい、理解しやすい資料の作成を目指して、いろいろとトライしていきましょう。

Excelist.net 人気コンテンツ

Googleの機能を利用してExcelist.netの人気コンテンツをご紹介しております。簡単で便利なExcel情報が沢山ありますので是非ご覧ください。
スクロールすることでいろいろなコンテンツを確認することが出来ます。

相対参照と絶対参照を理解する


以下の1から4までが入力されたExcelを利用して紹介していきます。

C1セルに「=A1」と入力します。これは、以前に紹介しました相対参照になります。この状態でキーボードのF4ボタンを二回押します。



C1セルの数式が「=A$1」に変わりました。これを複合参照といいます。



どのような形式かといいますと…

C1セルをクリックして、数式をC2セルへドラッグしてコピーしてみると…



C2セルには「=A$1」がコピーされました。

更に!C2セルの数式を右(D2セル)へドラッグしてコピーしてみると…



D2セルには「=B$1」とコピーされました。

このことから、複合参照では$マークが付いている行番号は変化が無いことが確認出来ました。

もう一度、最初の画面に戻ってみます。



先ほどは、「=A$1」としましたが、「=$A1」として、同じようにC2セルとD2セルへ数式をコピーしたら、どのような結果になるか…$マークの付いた状態での動作を覚えるためにも、ぜひ、試してみてください。

セルへ$マークを追加する際に、カーソルをセル内に置いた状態でキーボードのF4ボタンを押すと、$マークが以下の順番に自動で入力されます。こちらは覚えておくと便利でExcelの操作スピードもアップしますので、ぜひ一度、お試しください。

以下の状態でF4ボタンを押すと…



「=$A$1」に。更にF4ボタンを押すと…



「=A$1」に。更にF4ボタンを押すと…



「=$A1」に。更にF4ボタンを押すと…



「=A1」に戻ります。



関連性の高いページ

エクセルを使いこなそう!Excelist.net
関連性の高いページが検出されない場合はトップページを掲載しております。

このページを見た人は以下のページもチェックしています

エクセルテンプレートの無料ダウンロード
エクセルの技(TIPS集)
エクセル関数辞典

↑ PAGE TOP