エクセルのお悩みココで解決!
お役立ち情報が満載!
http://www.excelist.net/
Excelist.net > エクセルの基本 > 数式をコピーして計算する(相対参照)
はてなブックマークに追加 エクセルのお役立ち情報満載!

数式をコピーして計算する(相対参照)

【エクセルの基本をマスターしよう】
Excelのセルに入力した数式を別のセルにコピーすると、コピー先の数式内のセル位置は、コピー元の数式内でのセルの位置関係を保つように自動的に更新されます。

このような「位置関係を保つ状態でセル位置を指定する」ことを「相対参照」といいます。

Excelist.net 人気コンテンツ

Googleの機能を利用してExcelist.netの人気コンテンツをご紹介しております。簡単で便利なExcel情報が沢山ありますので是非ご覧ください。
スクロールすることでいろいろなコンテンツを確認することが出来ます。

数式をコピーして計算する(相対参照)


以下の売上個数表を使って数式をコピーしてみましょう。

E2セルには既に数式が入っています。この位置関係を保ったままE3セル数式をコピーする方法です。先ず、E2セルをクリックし、セルの枠の上にマウスポインターを合わせます。



マウスポインターの形が矢印付きの十字に変わったら、キーボードの「Ctrl」を押したままE3セルへドラッグすると、E3セルに数式がコピーされます。

E3セルの数式を確認すると、列番号は同じですが、行番号が一つずつ増えています。このようにセルの相対的な位置関係を保ったままコピーすることを「相対参照」といいます。



「相対参照」と、この後出てくる「絶対参照」はExcelを利用する上で重要になりますので、ぜひ、覚えておいてください。


関連性の高いページ

エクセルの便利機能「コピペ」を理解しよう!
エクセルを使いこなそう!Excelist.net
関連性の高いページが検出されない場合はトップページを掲載しております。

このページを見た人は以下のページもチェックしています

エクセルテンプレートの無料ダウンロード
エクセルの技(TIPS集)
エクセル関数辞典

↑ PAGE TOP